「朝」

「朝」

朝、目がさめると隣に君がいて
僕はどこかに出かける必要がない
君はまだ眠っていて
少なくとも今この瞬間、世界は美しい
朝の光が君を起こさないように
もう少し時間を止めててもらおう
外では鳥が鳴いている

昨日と同じ今日が来てもいい
今日と同じ明日が来てもいい
だって、君が笑う時はいつも新しいから
空が曇ってたって構わない
より綺麗な光が差すから

朝、目が覚めた君の横で
僕は眠ったふりをする
君に起こされたくて
でも、もしかしたら君は僕を起こさないかもしれない
僕と同じで
もう少し時間を止めていたくて
君を眺めていたくて

外では鳥が鳴いている
しーっ、静かに
もう少し、もう少しこのままで
いつもそばにいるよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする