本を読む弟

弟がまさかの大江健三郎を読んでいる。

文庫本なんて手にしているのなんて見た事ないのに、なぜいきなり大江さんなのか。。

遠くから見ていたらきっと漫画だろう・・じゃ、ない!!

なんだ!?ゴルフの打ち方の本か!?

にしては、ちょっと絵も入ってないし、妙だ。

と思って何気なくそっと近づいて覗くと、文庫!大江健三郎!死者の奢り・飼育!

すげえ、新年パワーすげえ、と思った。

ぬいぐるみの豆柴を抱きながらごろごろしながら読んでる。

でもよく見ると左手にはケータイがあってゲームもしている。

ゲームしながらそんなレベルの高い本読めるのか。。

ゲームの攻略本片手にゲームならわかるけど、何だかよくわからないけどふかぁ〜い所にいけそうな本読みながらゲームとは。恐るべし弟よ。

でもよく考えると、もうおじいさんの人が若い頃に書いた本を今の若い子がゲームしながらでも読んでるってすげえなぁ。

60年位前の小説らしいですよ、これ。

僕らが今作った音楽とか本が2079年の若者たちに読まれたり聴かれたりしているかって言うと、ほぼありえない出来事なんじゃないかなぁ、とか思う。

はっ、もしや今僕は奇跡的な光景を目にしているのか!!

ちょっとわくわくするなぁ。

読み終わったらさりげな〜く感想を聞いてみたいものだ。

おっ、今はもうゲームを置いて頰に手をやりながらじっくり読んでいる。

メガネもしているしちょっと頭も良さそうだぞ。

鼻だけ詰まっててずるずるいってるけど、いいぞ。

でもすごいよな。

本読んでる弟は今同じ部屋にいるけど、頭の中じゃもうどっか別の場所に移動してて、木のざわめきとか、嗅ぎ慣れない体臭とか、屍体のリアリティとか、主人公のつぶやきとかを聞いてるんだよな。

言葉の魔法で違う世界に連れて行かれてるんだ。

自分から踏み込んでってか。

ある世界を言葉の中に閉じ込めて、まったく見知らぬ、生まれた時代も全然違う人に伝える。

たぶん、弟は何かを得て、何かが変わって、また弟に戻る。

なんだかいいなぁ。

ゲームだっていいけど、本もいいよねって話。

今度は村上龍でも勧めてみようかな。

おしまい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする