風が海から吹いていた

風が海から吹いていた。

僕らが立つ場所をぐらつかせ、大きなエネルギーを運んでくる。

風のベットに寄りかかり、体は笑っていた。

遠くまで電柱がいくつも並んでいる。

人が米粒みたいに小さくて。

潮が満ちてきて、僕らは陸にあがる。

足元から感じる、ひんやりとした海の体温。

地球の呼吸を感じられる海辺。

たくさんの車が帰っていく。

家、家、家へ。

君を待つ人のもとへ。

僕らはいろんな所へ行くけれど、帰りたい場所はやっぱり、どこにもない土地。

どこにでもある場所。

双眼鏡で見ても、顕微鏡を覗いても見えないけれど、目をつむればよく見えるという。

手をつなげばもっと感じられるかな?

僕とぼく、君ときみ、僕と君がいるってとこ。

心はどんな糸よりも強くなり得るという事を、本当はみんな知っている。

風は強く吹いていて、そんな僕らを試すかのようだった。

みんな、君の待つ場所に帰ろう。

僕たちはみんな心の中に住んでいる。

心の中に家を作って、誰かを招き入れて、くだらない事で笑い、

どうでもいい事でけんかして、時間とごめんねで仲直りして、

朝が来るまで眠ろう。

風は夜の間じゅう吹き続けて、空の雲をどこかへ連れて行った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする